わき汗は消すことができる|悩みにピリオドを打とう

気になるわきの下の汗

脇を触る人

あたたかくなるにつれ、わき汗が気になる時期になってきます。毎日の服の色やインナーにも気遣いが必要になる方も多いのではないでしょうか。多くの人が悩みがちなわき汗を防ぐ工夫をまとめてみましょう。まず簡単な方法としては、汗染みの気にならない素材の服を着ることです。吸収性や揮発性にすぐれた素材であればシミになる前に乾いてしまいます。持っていない方は黒い服や白い服を着るなど、色を意識して洋服を選んでみると効果的です。ベージュや灰色などは目立ちやすいので気をつけましょう。この方法であれば普段と変わらない感覚で汗染み予防ができます。仕事などで着る服が選べない方には、サラサラとした素材のインナーを一枚プラスして着用するのがおすすめです。暑いかもしれませんが上の服へのしみ込みを防いでくれるのでフォーマルな場でシャツを着ても安心できる方法です。また、あらかじめわき汗パッドを使用したり、スプレータイプの汗止めを使用する方法も最近は一般的になっています。お金はかかりますが、ストレスを感じることなく汗のしみ込み予防ができます。

わき汗のことを理解しておくと、改善にも繋がりやすくなります。そもそもわきの下は汗腺が多く、緊張やストレスなどの刺激や体の温度変化で発汗が促されてしまいます。わきはどうしても汗をかいてしまう部位なのです。ですので過度な緊張と汗はセットであることを念頭においておきましょう。大事な場面で汗のことを気にしなくて済むように、あらかじめ予防しておくことが大切です。汗染みができてしまうのは仕方のないこと。ですが人によっては日常生活に支障をきたすほどの汗に悩まされている場合もあります。そんなときは美容外科で治療を受けることをおすすめします。基本的に美容皮膚科、麻酔科、美容外科などで治療が行われているようです。一度最寄りの診療科に電話で問い合わせてみると良いでしょう。塗り薬や注射薬による治療が一般的ですが、重症度により治療の効果も異なってくるので確認が必要です。また、多汗症の治療で保険が適用されるかはその症状により異なります。その点をふまえ、自分に合った治療を検討しましょう。